明治の終わり頃に外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋服、洋式の化粧品や化粧道具、美顔術などを日に紹介して、これらを新しく表現する日本語として、美容がけわいという言葉の代わりに使用されるようになったのだ。
メイクのメリット:自分自身の顔立ちが少し好きになれること。
顔に無数にあるニキビ跡・クスミ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷を隠せる。
回数を重ねるごとに綺麗になっていくという新鮮味。
ことに夜の10時〜2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりがより一層活発化します。

この時に寝ることが最も効果の高い肌の手入れ方法ということは間違いありません。
軟部組織マニプレーションというのは一部の筋肉や骨が要因で位置以上を起こした内臓を元々存在するべき位置に返して臓器の働きを正しくするという技法です。

美白ブームは、1990年頃からあっという間に女子高校生などに取り入れられたガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの批判ともとれる思考が内包されているのだ。
下半身は心臓から遠いため、重力が加わってリンパの流れが停滞するのが通常である。
むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパがちょっと悪くなっているという証のひとつ程度に解釈したほうがよいだろう。
メイクの短所:ランチタイムには化粧直しをする必要がある。
クレンジングして素顔に戻った時に味わうがっかり感。
コスメにかかるお金が結構かさむ。
メイクしないと家から出られない一種の強迫観念。